フジカラーで写そ。

モバイルブログ〜キャンプブログ〜iPhoneブログ〜カメラブログ(イマココ)

スキレットカバー 10 1/4インチを買ってきた

P1000271-1
今日は朝からずっと雨が降っています。


今朝の空は、雨雲くんこと乱層雲のオンパレードでした。(オンパレードの使い方がちと表現が違うか^^;)


 


表題にあるように、昨日の夜、スキレットのフタを買ったきました。


ホントは、スノーピークのコロダッチオーバルを買おうと思って行ったのですが、 オンラインでの在庫切れ同様、新宿のお店にも有りませんでした。
コロダッチは、オーバルはおろかポッドもカプセルも、っていうかスノーピーク鋳鉄系は、グリドルハーフを2個残すのみで、展示品すら有りませんでした。(旧ラインナップのコロダッチサンドが1個ありましたが)


やっぱり、発売と同時に買わないと、スノーピークマニアに買い尽くされてしまいますね。
といっても、初期ロットはリコールが有ったりしますから、勇気がいりますね。


で、話をスキレットカバーに戻しますが、スキレットカバーって、要するに鋳鉄フライパンのフタのことです。


本来ダッチオーブンのような鋳鉄系は、キャンプアイテムとして買う訳なんですが、年に何回かしか行けない自分としては、自宅でも使いやすいものを選んでいます。
今までに、スノーピークやユニフレームのダッチオーブンを使ってみましたが、自宅でってことに関しては、ロッジのロジックシリーズが使いやすいと感じてます。
洗剤なんかも気にしないでガシガシ洗える感じで気楽なユニフレームもいいんですが、鉄板プレス式じゃなく鋳鉄の方が 雰囲気あるんですよねぇ。


ということで、ロッジのロジックシリーズは、8インチ(約20cm)のサービングポットから、8インチスキレット、9インチスキレット&カバー、10 1/4インチサイズの現行のコンボクッカーを持っています。
で、今回の 10 1/4インチスキレットカバーは、とりあえずコンボクッカーで煮込み料理をする時とかに使おうと思ってるんですが、フタ裏の突起で水滴を真下に落とすベイスティング効果を狙ってる訳です。
その内に 10 1/4インチのスキレットも買うんじゃないかと思いますが、大きめのスキレットを使いたい時は、スノーピークの和鉄スキレットが11インチぐらい(28cm)と有りますので、特に急ぐ必要もありません。
それよりも 10 1/4インチならグリルパンが欲しいかなって思っています。


自宅がIHなので、鋳鉄グリドルハーフが使えないっていうのも、グリルパンに惹かれる要因かもしれません。


それでは、グリルパン購入時にお会いしましょう^^;