フジカラーで写そ。

モバイルブログ〜キャンプブログ〜iPhoneブログ〜カメラブログ(イマココ)

トランギアのアルコールバーナー

コンパクトキャンプを目指す自分としては、一度使ってみたいと思い、アルコールバーナーを買ってみました。

よく、空き缶で自作される方もいらっしゃいますが、非常にシンプルな構造ですね。



Img_00291



この写真はトランギアのものですが、半世紀以上のロングセラーを誇ります。(他にエバニューのモノも持っていますが、ほとんど一緒ですね)

このアルコールバーナー単体では、ゴトクが付いていないので、そのままではクッカーを乗せることは出来ません。

今回一緒に買ったゴトクは、純正の「トライアングルグリッド」という、3枚の板を組み合わせるもので、収納時は非常にコンパクトになります。



先日、こども達と一緒に、公園でお昼を食べた時の様子です。





まず、ゴトクにはクッカーじゃなく、ユニフレームのシングルバーナーで使う焼き網「ミニロースター」を乗せてみました。

大きさ的にも丁度いいですねぇ。



Img_00301



手始めに、かる~くソーセージを焼いてみました。



Img_00321_2



バーナーが温まってくると、結構な火力が出てきます。

いい感じで焼けてきました。



Img_0324

��iPhone



ちょっとした炙りものなら、これで十分な感じです。

例えば、キャンプでこどもが寝た後に、ちびりちびりと飲みながら、スルメでも炙ったり・・・なんてシーンにぴったりですね。

ガスバーナーと違って、燃焼音が静かっていうのも(・∀・)イイ!!ですね。



で、次はお手軽に手を抜いて、スーパーで買った焼き鳥^^;



Img_00391



ちゃんと焦げ目もつくし、いい感じで焼けます。



その間に、ユニフレームの「テーブルトップバーナー」の上には、「ライスクッカーミニDX」が。

ツアラープラスのライスクッカーじゃなく、スミフロンのDXの方^^

2合くらいの炊飯なら、これで充分!



Img_00241



そして、一時焼き物を中断して、お湯沸かし。

こちらが、ツアラープラスのハンドル式ライスクッカー1.8lのタイプ。



Img_00361



アルコールバーナーで、お湯が沸騰しかけたんですけど、ご飯が炊きあがったので、ガスに移して、安売りのお店で買った88円のレトルトカレーを投入^^;



Img_00401



Img_00371



そこで、スタンバイしてたユニフレームのニューアイテム「ウェ~ブ ライススプーン」でよそい、スノーピークのシェラカップで食べます^^

もちろん、スプーンはチタンのワッパー武器です^^



Img_00421



かなーりの手抜きですが、公園で遊ぶのがメインの時は、これぐらいでイイんです。

そして、カレーを食べつつ「つくね」ww



Img_00431



以上、ユニフレームアイテムがだいぶ登場してきましたが、これは春のSPW朝霧に漏れた腹いせに、ほとんどが今年買ったものだということも書き込みつつ、トランギアのアルコールバーナーの使用レポを終わります^^;



まぁ、いいものは(・∀・)イイ!!ってことで・・・。



ちなみに、今回は風があまり吹いてなかったので良かったんですが、風防は有った方が、炎が安定していいと思いました。(指のところに生えてる毛が、ちょっと燃えたゾ!ヽ(`Д´*)ノ)



 

 

 



注:スノーピーククラブからいらした方へ

スノーピークカテゴリーなのに、ユニフレームしか出てこないじゃないか!ヽ(`Д´*)ノ

って怒った方もいると思います。

スノーピークアイテムは、シャラカップしか写真に出てきませんが、座ってるのはフォールディングベンチ、テーブルにしたのはフォールディングシェルフ メタル、運んだのがギアコンテナということで、なんとかお許しを^^;